合金625鋼ガイド

目次

合金625鋼インコネル625としても知られるアロイ625は、卓越した強度、高温安定性、耐腐食性、耐酸化性で有名な超合金です。このガイドでは、化学組成、機械的特性、多様な用途など、合金625鋼を深く掘り下げています。航空宇宙分野での使用から海洋工学に至るまで、知る必要のある全てを網羅します。それでは、さっそくご覧ください!

合金625鋼の概要

インコネル625とも呼ばれるアロイ625鋼は、ニッケル基超合金で、高強度、優れた加工性、優れた耐食性を併せ持つユニークな合金として珍重されています。1960年代にインターナショナル・ニッケル・カンパニー(INCO)によって開発されたこの合金は、様々な産業において、数多くの高応力、高温用途に使用されています。

主な特徴

  • 並外れた強さ: 2000°F(1093°C)までの温度で高い引張強度と靭性を維持。
  • 耐食性: 耐孔食性、耐隙間腐食性、耐粒界腐食性に優れている。
  • 耐酸化性: 高温での酸化に耐えるため、航空宇宙産業や電力産業に最適。
  • 汎用性がある: 加工や溶接が容易で、複雑な形状や構成でも使用可能。
合金625鋼

合金625鋼の化学成分

アロイ625のユニークな特性は、その特殊な化学組成によるところが大きい。下記は合金625鋼に含まれる元素とその割合の詳細です:

元素パーセント(%)
ニッケル(Ni)58.0分
クロミウム (Cr)20.0 – 23.0
モリブデン (Mo)8.0 – 10.0
ニオブ3.15 – 4.15
鉄(Fe)最大5.0
炭素 (C)最大0.10
マンガン (Mm)最大0.50
ケイ素 (Si)最大0.50
リン (P)最大0.015
硫黄 (S)最大0.015

の機械的特性 合金625鋼

アロイ625の機械的特性を理解することは、様々な用途への適合性を判断する上で極めて重要です。これらの特性を表にまとめました:

プロパティ価値
引っ張り強度120-160 ksi(827-1103 MPa)
降伏強度60-120 ksi (414-827 MPa)
伸び30-60%
硬さ200-300 HB
弾性係数207 GPa (30 x 10^6 psi)
密度8.44 g/cm³
比熱容量427 J/kg-K
熱伝導率9.8 W/m-K

合金625鋼の用途

アロイ625の優れた特性は、様々な高性能用途に適しています。ここでは、その活躍の場をご紹介します:

産業申し込み
航空宇宙ジェットエンジン、排気システム、タービンシール
海洋工学海底船体、海水ポンプ、配管
化学処理リアクターコア、蒸留塔
発電ガスタービン、熱交換器
石油とガスダウンホール装置、オフショアプラットフォーム
原子力産業炉心、制御棒

熱処理 合金625鋼

熱処理工程は、合金625の機械的特性を特定の用途に最適化するために不可欠です。以下に一般的な熱処理方法を示します:

熱処理方法温度範囲目的
アニーリング1600-1900°F (870-1038°C)応力を緩和し、延性を向上させる
ソリューション・アニーリング2100-2200°F (1149-1204°C)構造の均質化、沈殿物の溶解
ストレス解消1100-1500°F (593-816°C)残留応力の低減
年齢による硬化1200-1400°F (649-760°C)強度と硬度を高める

合金625鋼のサプライヤーと価格

アロイ625の調達に関しては、品質、入手可能性、コストに基づいてサプライヤーを比較することが不可欠です。ここでは、いくつかのサプライヤーとその価格設定の詳細をご紹介します:

サプライヤー国名価格の範囲 (kg あたり)追加サービス
特殊金属株式会社アメリカ$50 – $70カスタム製造、技術サポート
圧延合金アメリカ$45 – $65熱処理、機械加工
VDMメタルズドイツ$55 – $75グローバル海運、合金コンサルティング
アレゲニー・テクノロジーズアメリカ$50 – $68在庫管理、加工
ヘインズ・インターナショナルアメリカ$48 – $70冶金サポート、研究開発サービス

のメリットとデメリット 合金625鋼

適切な材料を選択するには、長所と短所を比較検討する必要があります。ここでは、アロイ625がどのように評価されているかを紹介する:

アスペクト利点デメリット
強さ高温での高い強度いくつかの代替品に比べ高コスト
耐食性様々な腐食に対する卓越した耐性硬化状態では機械加工が難しい
製作優れた溶接性と加工性特殊な溶接技術が必要
耐久性過酷な環境下での長寿命アルミニウムやチタンに比べて重い
熱安定性広い温度範囲で特性を維持より高い熱膨張係数
合金625鋼

よくあるご質問

アロイ625鋼に関するよくある質問です:

質問回答
アロイ625の耐食性はなぜ高いのか?ニッケルとクロムの含有量が高いため、酸性や塩化物を含む幅広い腐食環境に対して優れた耐性を発揮する。
アロイ625は溶接できますか?はい、アロイ625は優れた溶接性で知られ、TIG溶接やMIG溶接を含む様々な技術で溶接することができます。
アロイ625はどのような産業でよく使用されていますか?合金625は、航空宇宙、海洋工学、化学処理、発電、石油・ガス、原子力産業などで広く使用されている。
アロイ625とアロイ718の比較は?どちらもニッケル基超合金だが、合金625は耐食性に優れ、合金718は高温強度に優れる。
アロイ625は磁性を持つのか?合金625はニッケルを多く含むため非磁性です。

結論

合金625鋼は、比類のない強度、耐久性、極限環境に対する耐性を提供する強力な材料です。そのユニークな特性は、様々な産業における高応力、高温のアプリケーションに不可欠です。ジェットエンジンの設計であれ、深海装置の設計であれ、アロイ625の特性と能力を理解することは、長持ちするプロジェクトの成功につながる十分な情報に基づいた決定を確実にします。

炭素鋼についてもっと知る

関連記事

ホットセール商品

お問い合わせ

質問などはいつでもお問い合わせください。メッセージを受信後、チーム全員で迅速に対応いたします。